<風俗情報>まさに擬似恋愛!それがデリヘル

<風俗情報>まさに擬似恋愛!それがデリヘル


<風俗情報>まさに擬似恋愛!それがデリヘル
"風俗というのはある意味でこの社会に無くてはならないものとなります。
男の性欲を解消してくれる風俗が無ければ今頃全世界でレイプ犯罪が多発していることでしょう。
デリヘルというのはいわゆる「擬似恋愛」を楽しむ風俗となっています。
誰も見ていないのですから、恥ずかしがること無く積極的に擬似恋愛を楽しんでしまいましょう。

細かいことですがお茶やジュースなどといった飲み物を女の子に出す時はまだ開けていない新品を出してあげましょう。
一度でも開封をしてしまうと睡眠薬が入れられているなどと思われてしまうこととなります。デリヘルを呼んで女の子が貴方のもとに来たら、まずはスキンシップから始めてみましょう。
いきなり野獣のようにエッチモード満開では女の子に嫌われてしまうこともあるのでご注意ください。"



<風俗情報>まさに擬似恋愛!それがデリヘルブログ:210913

お母さんが外国語を喋ることができれば絶対にしないのに、
お母さんが外国語を喋れないとやり出すものに、
息子への外国語教育がある。

お母さんが外国語をきちんと喋れると、
いかに母国語を正確に喋れるかを非常に大事にするので、
息子の頃に外国語を教えたりしない。

母国語さえきちんと喋ることができれば、
その後の人生で外国語など簡単に学べてしまうからだ。

しかし外国語を喋れないお母さんはこのことが解らず、
母国語もままならない幼児に
外国語を覚えさせようとしてしまうのである。

しかもその愚かなお母さんたちをターゲットにした
外国語の学習塾が存在するので、いい餌食になってしまう。

そのため必死になって我が息子に外国語を学ばせてしまい、
そのくせ外国語を
きちんと喋ることができないという現実に直面してしまうのである。

母国語がきちんと喋れるからこそ、
外国語をきちんと喋れるようになれるのであって、
母国語の理解度が低ければ、外国語の理解度も低くなってしまう。

だから幼児期には外国語など学ばせず、
母国語だけに限定して教え込んでしまった方が、
その息子の脳のためには非常に正しい選択となるのである。

そもそも息子というのは、
自分から外国語を習いたいなどと決して言い出さない。

お母さんの意思によって
息子は外国語を学ばされるに過ぎないのだ。

お母さんが外国語を喋れないのなら、
無理矢理に我が息子に勉強させるのではなく、
自分が自宅で外国語の勉強でもしていればいいのである。

自分がきちんと外国語を喋れるようになったら、
息子に外国語を教えようなどという考えは変わってしまうものだ。

<風俗情報>まさに擬似恋愛!それがデリヘル

<風俗情報>まさに擬似恋愛!それがデリヘル

★メニュー

<風俗情報>生フェラか!?ゴムフェラか!?さぁどうする?
<風俗情報>風俗の王道と言えばやっぱりソープランド
<風俗情報>デリヘルではどのようなプレイがあるのでしょうか
<風俗情報>貴方はどのソープランドが好きですか?
<風俗情報>店舗型の風俗よりもデリヘル人気が加熱
<風俗情報>ホテルの中でプレイ可能な恋人感覚風俗
<風俗情報>貴方の願望を叶えてくれる魅力的な風俗
<風俗情報>料金の渡し方にも注意が必要です
<風俗情報>まさに擬似恋愛!それがデリヘル
<風俗情報>シャワーをするのもプレイの一つです


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)風俗の王様【男天国共和国】